ダイエットの基本は基礎代謝を上げること

効果的な上半身のトレーニング

写真の女性のような引き締まった体に憧れている方は多いと思われます。

有名なモデルや女優はこのような引き締まった体になる為にジムに通い、ボディメイクに励んでいます。

年齢を重ねると、「代謝が悪い」、「代謝が落ちて痩せにくくなった」という声を聞きます。

しかし、代謝という言葉の意味や改善方法まで理解している人が多い訳では無さそうなので今回は代謝の意味や、改善方法をお知らせします。

基礎代謝とは

皆さんが「代謝」と普段から口にしているのは「基礎代謝」の事を言っています。

基礎代謝とは「生きてるだけで勝手に消費してるカロリー量」の事を言います。

この基礎代謝こそがダイエットにおける重要な要素となります。

寝てる時、起きてる時、運動してる時、食事してる時、人と話してる時、仕事してる時、読書してる時、何もしていない時、ありとあらゆる時間の中で人間は基礎代謝によってカロリーを消費しています。


しかし、その「消費量(基礎代謝量)」には個人差があります。そのほとんどが筋肉量の差です。

基礎代謝のほとんどはその人の筋肉量に依存しています。

つまり筋肉量が多い人は日常生活で消費しているカロリーが多いので、太りにくく筋肉量が少ない人は消費カロリーが少ないので、痩せにくい体とい言えます。

f:id:masu58:20180511202506j:plain

食べないダイエットは基礎代謝を下げてしまう

皆さんがイメージするダイエットって「食事制限」と「有酸素運動」が一般的かと思います。

特に女性の場合は運動を嫌う傾向があるので過度な食事制限をしてしまいます。

食べないダイエットというのは「摂取カロリー」だけでコントロールをかけてる状態です。

ダイエットの基本は「消費カロリーを摂取カロリーが下回り続ける事」なので、もちろん食べる物を減らせば体重は減ります。

しかし食事制限によって落ちるのは体重だけではありません。筋肉まで落ちてしまいます。

筋肉が落ちるということは基礎代謝が落ちるという事です。

つまり「食べないだけ」のダイエットは、ずっと食事制限をし続けないといけない地獄のダイエット方法と言えます。

基礎代謝を上げるには筋トレが効果的

基礎代謝量は筋肉量に依存すると言いましたが、更にその筋肉量の実に70%が「下半身に集中」しています。

人間は二足歩行の動物ですから、必然的に普段から下半身の筋肉が発達している訳です。

つまり、下半身を重点的に鍛える事こそがもっとも効果的に基礎代謝を上げられる近道です。

オススメなトレーニングはスクワットや、ランジなどの下半身の大きな筋肉を刺激するトレーニングです。

ジョギングなどの有酸素運動をされている方も多いですが、実はそれほど筋肉をつけるには非効率と言えます。また後日そのお話はします。

またトレーニングの仕方等も、今後ご紹介して行きます。

増田勇樹
MSD LABO Co.,Ltd
代表取締役

【資格】
理学療法士
健康経営アドバイザー
ルーシーダットンインストラクター

ピックアップ記事

関連記事一覧