ルーシーダットンの呼吸

ルーシーダットンの呼吸

ルーシーダットンの中でも重要な呼吸法。

ヨガとどう違うのか、など聞かれる事があるのでまとめました。

ルーシーダットンの呼吸は一度止めるという事を行います。

一度呼吸を止める事で、血液を遠くまで運ぶ事ができるようになります。

腹式呼吸のように意識しすぎずに、息を吸うときは胸とお腹に沢山空気を入れるように。

吐くときは、お腹を絞るように息を吐き切ります。その時にお腹の筋肉を使う事を意識してください。

基本的な呼吸法とポーズは上記の写真のように行います。

具体的なやり方は下記の動画で確認して、一緒にやってみてください。

増田勇樹
MSD LABO Co.,Ltd
代表取締役

【資格】
理学療法士
健康経営アドバイザー
ルーシーダットンインストラクター

ピックアップ記事

関連記事一覧