糖質過多の食事をやってみた

糖質過多の食事をやってみた

人体実験。

慢性疾患の原因は糖質過多+タンパク質不足の食事です。

僕は、川崎病があり全身の血管が動脈硬化になるリスクが高い体質があります。

普段は糖質も砂糖も最小限、米もパンも最小限

肉と卵と魚をばっかり食べている管理栄養士が

何にも考えず、ただ食べたいものを食べてみた。

昨日の晩御飯

※()の中が糖質の多い食べ物

石焼ビビンバ(米、タレの砂糖)

餃子(皮の小麦粉、タレの砂糖)

チヂミ(生地に小麦粉、砂糖)

サムギョプサル(タレの砂糖)

レモンサワー2杯(シロップ)

まず、食べてる途中の変化。

一緒にいた妻からは、

「いつもより食べるのが早くて、何か人が変わったように食べていた。」

恐らくアルコールと砂糖が原因だと思う。

砂糖が入った食品は過食を引き起こす。

アルコールを足すとさらに過食は助長される。

長期的の糖質過多で、人格が変わる場合もある。

人を許せない、人に優しくできないで悩んでいる方

もしかしたら糖質が原因かも。。。

食べた後は、しばらく立ち上がれず、立ちくらみが止まらない。

自覚症状として、脈拍は150回/分くらいにあがり、心臓の鼓動が全身に響くくらい心臓に負担がかかっていた。

「めまいでも起こってるかと思った。多分体に酸素が足りてないんだね。」

と妻に心配をかける

20分ほど休憩して

トイレで胃の中を一度リセット…

帰りもなんとか帰り、そのままソファに倒れ込み就寝。

次の日の体の朝の体調は

最悪。

8時間近く寝ていたのに

まず、起き上がれない。

弁当を作らなきゃと思ってはいるが、体に重りがついているみたいで動けない。

朝起き上がると立ちくらみ。フラフラする。

そして、手足が異常に熱い。

夕方になっても脈拍が早く、全身のむくみが取れない。

あと人に優しくできない、イライラする

今日はそんな1日でした。

糖質の取りすぎって良いことなんてないね

ちょっと無茶な実験だったと反省。

今日は妻に美味しいご飯作ってあげよう。

もちろん、低糖質 高タンパクの食事に戻します!

皆さんは真似しないでね~

ピックアップ記事

関連記事一覧