腸内にガスをためにくい・ためやすい食事・食材について

  • → 鮭・ぶり・カレイ・鯛・たら・かわはぎ・ほっけ・さより・太刀魚 ・いとより・あゆ・ます
    青魚(夜は控える)
  • 野菜 → もやし・キャベツ・レタス・白菜・ピーマン・小松菜・水菜・茄子・ほうれん草・ブロッコリー・みぶな・アスパラ・トウモロコシ・大葉・人参・たまねぎ・ねぎ・ピーマン・じゃがいも・栗(少なめに・・・)(夜は控える)
    にら・にんにく・マイタケ・タケノコは控える
  • 煮物 → 大根・ズイキ・レンコン・茄子・白菜、厚揚げ(少なめに・・・夜は控える)こんにゃく控える
  • 麺類→ うどん(肉うどん・かもなんばうどん)・にゅーめん (ねぎ・ワカメは少量に)
  • 肉類 → 牛肉・豚肉・鶏肉・ベーコン(塩・醤油・みりん・砂糖・胡椒・生姜で、甘辛すぎないように味つけしてください。) 卵半分くらい・鶏肉(夜は控える) 、えび・いか・たこ(夜は控える)きも・ハムは控える
  • おやつ → おかき・せんべい(昼食後に少しだけならOK)
    いちご3ケ/ぶどう3ケ/梨1/4ケ/バナナ/1/3 ※(昼食後に少しだけならOK但し、毎日はダメ 夜は控える)
  • 味付け → 塩・コショウ・醤油・みりん・砂糖・酒・バターで味つけしてください。味塩・味の素・味塩コショウ・にんにく・ソース類・唐辛子系はダメ。生姜・マヨネーズは少量ならOKですが、夜はダメ。
    夜に味噌煮は避けてください。味塩・味の素・味塩コショウ・にんにく・ソース類・唐辛子系はダメ。油は、ゴマ油・オリーブオイル・マーガリン、ふりかけは控える、または、昼に少量ならOK

注意事項

  • 肉類・魚などのタンパク質類は、夜は少なめに (調子が悪い時は、粥またはおにぎり)
  • 味噌汁は、しっかり煮込んでください。ワカメ・ねぎ・お豆腐は少量に(味噌汁は夜ダメ)
  • すっぱいと感じるもの(レモン・梅・柚など唾液のでるもなど、夕食時は避けてください。)
  • 甘いものは出来るだけ避けてください。(特に空腹時)空腹時に食べるとインスリンが多量に分泌されます。
  • 血圧上昇時、下降時は体調不良の際は、夕食はお米だけをお勧めます。
  • リハビリ(外出)時は体も疲れやすくなるので、消化が悪くなりやすく、しっかり分解・吸収ができません。


運動前を粗食にするなど、体を労わってあげてください。

・ 野菜は、必ず温野菜などで食べてください。(ポン酢はダメ、少量のマヨネーズはOKですが体調不良時はダメ)



ガスを発生させる食品

  • 乳製品 → 牛乳・ヨーグルト・ヤクルト・豆乳・チーズ
  • イモ類 → 山芋・小芋・サツマイモ・南京・納豆  じゃがいも
  • 豆類→アーモンド・ピーナッツ・枝豆・など
  • 生野菜 → アボガド・大根おろし・ねぎ類・オクラなどのぬるぬる野菜など きゅうり・人参は少量ならOK
    (ごぼうなどの根野菜は、夕食時にたくさん食べるとガスが増えやすい)
  • 甘い菓子 → アメ ・クッキー類 ・チョコレート ・ココア・ガム
  • 刺激物 → カレーライス キムチ にんにく
  • 生もの → 生卵 お造り類  
  • 酸っぱい物→梅干し 黒酢 酢のもの レモン みかん
  • その他 → ビール、炭酸飲料、ゼリー 寒天(こんにゃく)など。

ピックアップ記事

関連記事一覧