趣味とビジネス

良く聞く話で、「ビジネスと趣味は違う!」
「ビジネスは遊びじゃないんだ!」
そんなこと、言ったり言われたりしたことありません?

私は非常に仕事が好きなのかもしれません。ただ、あまり仕事だと思いながら、仕事をしたことがないのかもしれません。いや、考えること自体が好きだから、仕事は趣味なのかもしれません。

ちなみに、私は「ビジネスと趣味は違う!」なんていう事は一切思いません。
常に頭の中にはビジネスのことや他のことが一緒になってグルグルと回っています。もともと「ぼっ〜と」はしない方なので、常に何かを考えています。

このサロンにおらる会員の皆さまは、どんな考えをお持ちでしょうか?

そもそも、「なぜ仕事をするのか?」、大半はこの質問に関しては、
「生活のため」と答えるのではないでしょうか?「生活をするためにはお金が必要」、決してこの答えは間違っている訳ではありません。正解です。
ただ、「好きなことだから」と答えられるかたは結構少ないではないでしょうか?
「好きなことを仕事にする」これはある意味理想的なことですよね!

では、どうすれば「好きなことを仕事」に出来るのでしょう?

まず、ある方がこんなことを言ってました。
「成功する方法」とは、「成功するまで辞めないこと」
これを聞いた時、「そりゃそうだ!」と妙に納得したことを今でも覚えています。ただ、何でもかんでも「我慢、我慢」で、嫌なこと延々と続ける事は、どれだけ先に「成功」と言う名のニンジンをぶら下げられても難しいものではありますし、ひと言で「成功」と言っても、成功の形は人それぞれな形を持っている訳で、はっきりと見えない、ぼんやりとした成功というゴールに向かって走っていくのは相当厳しいことのように思います。

「成功」の形を具体的にしておく必要がある

私がお仕事を請け負った際に、「理想形」という表現でビジョン作りのお話をさせて頂きます。ここでは「目標」や「目標数字」ではなく、「理想形」つまり、最終的になりたい一番良い形をイメージすることから始めます。
理想形だから、必ずそうなる訳ではないのかもしれませんが、理想無くしては、目標も現実も無駄にすぎてしまう過程になりかねません。
また、理想に近づいていくからこそ、過程が過程であると認識出来るため、途中いくたの困難に遭遇しようとも、決してブレることなく、時としては立ち止まること、また後戻りですることも出来るのではないでしょうか。

大切な事は「気がつけば続いていた」と言える事

「成功するまで続けるぞ!」と言っても、中々続かないのが人間です。
意気込めば意気込むほど、後になって見てみると頓挫しているケースが多いような気がします。
ここで本題でもある「趣味」の話と繋がるのですが、そもそも趣味とは気がつけば「好き」になっていて、気がつけば「夢中」になっていて、気がつけば「大人」になっても続けていて、気がつけば「周りが引くほど」詳しくなっていて、、何て言うのが「趣味」ですよね?
誰かに「やれ」と言われた訳でなく、誰かに「辞めろ」と言われても辞めれない。何かふとした時にいつも頭の中にある。
そう、「続けよう!」と思わなくても「続いている」ものだという事です。

話を「成功」と繋げると、成功は「成功する方法は、成功するまで続ける事」なら、成功する一番の近道は、「言われなくても」続けるられる「趣味」をやり続けることが一番の近道なのではないでしょう?ましてや「成功」の形が、そもそも人それぞれの訳ですから。

趣味はビジネスにならないのか?

今回の話は「ビジネス」という要素なので、「成功」とはまた違います。
では「好きなことをやってビジネスに繋げられないのか?」
これは、結論から申しますと、答えは簡単で「可能」です。
余程、変わった趣味と、変わった癖ならともかく、大概の趣味というものは、何かし「他」に「影響を受け」始めることが殆どで、自発的に湧き出たものでない限り、「他」という要素が趣味には関連付られます。つまり、「他」とはマーケットに今後成り得る可能性があり、マーケットとニーズさえあれば、確実にビジネスに繋がる可能性があるからです。
それに加えて、大半の人が、「仕事=雇用」という固定概念に縛られているケースが多いように思います。
何も趣味でやっていることと近しい職場を探したり、趣味をするために嫌な仕事に従事したりと、こう言った発想はあまり建設的ではないかと思います。
雇用・就職以外にも、個人事業主でも株式会社ででもいいのですが「起業」するのが、一番の簡単な方法だと思います。実際の起業の方法については今後詳しくお伝えしたいと思いますが、決して難しい話ではありません。

自分の人生は、自分自身のため、自分で作る

大切な事は、一度しかないと言われる人生、
「何のために生きてるの?」と聞かれた際に、気持ちよく答える事のできる人生が一番良いのではないでしょうか?
「自己犠牲」的な言葉は、特に日本では美徳化されている場合が非常に多いと感じます。これもまた決して間違いではなく、素晴らしい考え方ではありますが、やはり自分自身が健康で楽しい人生を歩むことが第一に来るのではないでしょう?
周りの人達に対して、自分の思いや考えを押し付けるのは、「自己中心的」で良くないことだと思いますが、「自分を考える時は、自分が中心にいる」という事は、後悔しない選択をする意味でも「自己中心的」な考えは重要だと考えます。

自分の大好きな事をやって、活躍しているご自身をイメージしてください。イメージの中におられる自身はリアルですが?非現実な感じですか?
そのイメージの中のあなたが、リアルに感じれれば、感じれる程に、成功への道は近いと考えてみてください!

ピックアップ記事

関連記事一覧