コンビニやスーパーで買えるダイエット食

コンビニやスーパーで買えるダイエット食

ダイエットをする際に、サプリメントやダイエット食品を買わないとと思っている人も多いのではないでしょうか。

身近なところでダイエット食品を手に入れたい人向けに、コンビニやスーパーで買えるダイエット食材をまとめてみました。

メイン食材にもおやつにもサラダにも使える使い勝手のいい食材です

カロリーは1個あたり91kcal、たんぱく質に優れておりビタミンD・ビタミンB2・ビタミンB12なども多く含んだ栄養の王様です。

以前はコレステロールが高くなるので1日1個までと言われていましたが、最近の研究では気にしなくて構ないという結果が出ています。

コンビニでもゆで卵をそのまま食べれるように調理済の物もあるので、重宝します

スーパーで買っておき、ゆで卵を作り置きしておくのが一番コスト面ではお勧めです。

おでん

様々な具が楽しめるおでんも実はダイエットに優れています。

よくあるスーパーで見かけるおでんパックでカロリーは大根、玉子、こんにゃく、白滝、ごぼう巻、ちくわ、昆布の7つが入っていて156kcalでした。栄養もたんぱく質多めでダイエット向きの食材です。

コストはコンビニで1つずつ買うと高いですが、スーパーのパックで買うと200円程度で済みます。

満足度も大根やしらたき、昆布といった美味しいけどどこか味気ないものだけではなく、卵やごぼう巻き、ちくわといった食べごたえのある物を選ぶと満たされます。

鶏胸肉(サラダチキンなども含む)

カロリー・コスト・満足感、ダイエットを行う上で全ての面において高い貢献をしてくれます。

栄養的にはたんぱく質の量が多く、ビタミンKやビタミンB6も多く含んでいます。

皮を除けばカロリーはなんと100gあたりわずかに100cal程度しかありません。

コスト面も100g100円以下であることが多く、サラダチキンなどでも200円程度で売っています。 
そのまま食べても美味しいですが、サラダに乗せたり、サンドイッチにはさんだり色々な調理しても食べられます。

豆腐

鶏胸肉と並び、優れたダイエット食材の一つです。夏は冷や奴でそのまま、冬は湯豆腐や鍋で食べたりと使いやすさと食べ応えもお勧めの理由です

栄養素はたんぱく質を多く含み、ビタミンK・ビタミンB1などもを含まれます。

種類は絹ごしの方がもめんより1丁あたり50kcalくらいカロリーが低いのでダイエットする人には絹ごしがオススメです。

値段もリーズナブルな事が多いです。

お勧めの食べ方は鍋にして野菜や少量のお肉を入れたりして沢山のタンパク質を摂取しましょう。

納豆

大豆から作られている納豆も、タンパク質が多く含まれておりオススメです。

カロリーは1パック100kcalくらいで卵1個と同じくらい、たんぱく質に優れてビタミンK、ビタミンB12などを多く含んでいます。

価格も3個で100円くらいと安くお手頃です。

おススメの食べ方は卵焼きやオムレツに入れると、タンパク質を一度に沢山とれます。

ヨーグルト

カロリーは100gあたり60kcal程度。栄養もたんぱく質が多めでビタミンB2、カルシウムなどに優れています。

スーパーやコンビニで買うときは出来るだけ無糖のものを選んでください。栄養があるからと糖質の多いものを選ばないように注意が必要です。
その代わり、純度の高い蜂蜜を入れると血糖値の上昇を抑え、なおかつおいしくいただけます。

暴飲暴食した次の日は朝食代わりにするという手もあります。

チーズ

実はチーズもダイエット向きの食材です。

カロリーはスライスチーズ1枚で60kcalくらい、栄養はたんぱく質・ビタミンB12・カルシウムに優れています。

満足度は単体で食べると量が少ないので低めですが、特に味気ない野菜をケチャップなどと組み合わせると一気に引き立ててくれるので高めです。

小腹が空いた時にチーズをつまむようにしてはいかがでしょうか?ベビーチーズなど食べやすい物が売られています

青魚(さんまやアジなど) 

魚はお肉と比べてカロリーが低いことが多くダイエット向きの食材です。

カロリーは1尾丸ごと食べても200kcalちょっとしかありません。

栄養もたんぱく質が豊富でビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンDなどに優れています。

ダイエット向きの食材である青魚ですが、焼いたりするのが面倒だと感じる人がいるかもしれません。

コストパフォーマンス的におススメなのはかん詰めです。

保存も効くので、スーパーで安い時に買い貯めしてはいかがでしょう。

レバー

苦手な人も多いですが、栄養価が高い食材です。

カロリーは肉としてはかなり低めの100gで111kcal。

栄養面はたんぱく質が多いだけでなく、ビタミンD・ビタミンE以外の様々な栄養を含んだ食材です。

食材として使うならレバー以外にもつくねとネギマを作って簡単に焼き鳥にしたり、レバニラ炒めが定番です。

糖質ゼロ麺

最近よくダイエットをする人に話題の糖質ゼロ麺。

主原料は、おからパウダーとこんにゃく粉だったりします。今までゴムっぽい食感からプルンとしたこんにゃくの食感になり、コシも感じられる麺になって来ています。

糖質制限の時に、米や麺類などの炭水化物を減らした時にどうしても食べたくなったら食べてください。

鶏肉やツナ缶などと合わせてポン酢などで食べると、美味しくヘルシーにタンパク質を補給出来ます。

ツナ缶

便利で手軽に栄養補給が出来るツナ缶はお勧めです。

タンパク質はもちろん、EPAやDHAといった良質の脂質が多く含まれています

値段も安いですが、水煮タイプやオイルつけタイプもあります。

オイルタイプを選んで、脂質を摂ることで空腹感を軽減する事が出来ます

 終わりに

今回は出来るだけ身近な所で手に入る物を選んでみました、

 一人暮らしの方だけでなく、子供が肥満気味だったり旦那さんのお腹が気になってきた奥さんにもオススメの食材ばかりなので一度試してみてください。

増田勇樹
MSD LABO Co.,Ltd
代表取締役

【資格】
理学療法士
健康経営アドバイザー
ルーシーダットンインストラクター

ピックアップ記事

関連記事一覧