【連載コラム】ATCへの挑戦 Vol.6 語学の壁②

これから海外挑戦を始める理学療法士の山田純。

彼の挑戦をMSDは応援します。

彼の海外挑戦のリアルを今後連載していきます。
留学に興味のある方や、留学する際に必要な情報を知りたい方はご覧ください。

過去のコラムのバックナンバーはこちら

今回は日本にいる間にどんな勉強をしたかを書きたいと思います。

ベストかは分かりませんが自分には合っていたと思いますので、参考にしていただければ。

TOEFLを意識して勉強したので単語は言わずもがなですが、それに加えて英字新聞を図書館で読むようにしていました。

どこまで効果があったか分かりませんが、興味のない分野の長文も

抵抗が無くなってきました。

そして、オンライン英会話は2つ使っていました。

1つはフィリピンの方が講師のアプリを使いました。

中学校の英語の先生に勧められただけあって

料金的には満足の内容でした。

もう1つは日本人が先生のオンライン英会話を使いました。

この先生はもともと知り合いでワーキングホリデーや留学経験が豊富です。

文法などの机上学習よりも、より実践的な内容で教えてもらえました。

確かに、文法などの勉強で話せるようになるなら、中学、高校、大学でやってきてるはず。

私の場合、それでは不十分だったのは明確です。

賛否両論あるかもしれませんが、ある程度のミスは気にせず、

ひたすら英語で話す、文法などは気にせず、ネイティブの使うフレーズをそのまま覚える。

この方法は僕にとても合っていたように感じます。

なによりも習慣化することが大事と教えていただいたので、

毎日フレーズを書いて覚えるという作業を続けました。

英語以外にも留学後の考え方や海外の情報など

たくさん教えていただけてとてもありがたかったです。

ざっくりではありますが、こんな感じで半年間勉強してきました。

成果は渡米後、分かると思います。

質問などあれば気軽に聞いてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧