【ハートケアリング Vol.1】ウェルネスとハートケアリング

MSDのメソッドのハートケアリングを学ぶ上で、MSDの概念である「ウェルネス」という概念を知る必要があります。

ウェルネスに関しての詳細は以下のページをご覧ください。

Wellnessとは

「Wellness(ウェルネス)」とは人が人生を歩んでいく上で目的、ゴールの部分を指します。

今の世の中トレンドとしては、健康や予防に関する情報やトピックスが多いです。

しかし、それはあくまで「Health(ヘルス)」の中の一つの手段にしかすぎません。

ウェルネスは人生のゴールそのものなので、豊かな人生や輝いている未来そのものです。

具体的には、「80歳になっても、元気に歩いてゴルフのラウンドを周りたい」や「子供に介護されずに自分の好きなことを楽しみながら過ごしたい」「いろんな温泉や美味しいご飯を食べ歩き、幸せな生活がしたい」などです。

この目的を達成するためには、健康でいることや病気にならないことが必須になります。

「人生の目的」を達成するためには、様々な手段を知り、実践できる必要があります。

そこで、予防や美容などヘルスの領域で汎用性のある能力を身につけていくことがとても重要になります。

広がるウェルネス市場

実際にウェルネス市場は世界的に見て、今後とても伸びる市場だと言われています。

実際に日本でも様々な場面で、予防医療やアンチエイジング、健康情報、健康経営などの情報やサービスとして展開している企業や理学療法士などのセラピストが増えています。

メンタルヘルス領域においても、様々な企業が対応に追われています。

様々な分野全体は個別で分けて考えることなく、ウェルネスという全体的な視点で見ることが可能となります。

そのように視点を変えた時に初めて、それぞれの場面でのユーザーの悩みや要望に対して、自分が与える事ができる知識や技術を考える事ができます。

そして、その結果が新しいビジネスとして職域の拡大に繋がります。

まずはウェルネスという全体を見る視点を身につけましょう。

ウェルネスとハートケアリング

ハートケアリングはウェルネス市場において、とても相性の良いメソッドです。

ハートケアリングは、胎児の頃の力強い心臓の能力を取り戻す事を目的とします。

その効果をうまく用いながら、美容や予防などに応用ができます。

また、実際にハートケアリングにおける知識をうまく使うことで、旅行分野や住宅などの不動産分野にもMSDに置けるハートケアリングは展開しています。

ハートケアリングを理解した上で、さらにハートケアリングを用いたウェルネス市場での戦い方なども学んでいくことが出来ます。

MSDにおけるウェルネス市場のサービスは以下のページでも確認できます。

ピックアップ記事

関連記事一覧