MSD

ED治療

大阪にあるクリニック「M&Mクリニック」と連携して、皆様の健康のためのオンライン診療を展開します。

ご利用されたい方は下記のリンクから公式LINEに登録ください。

EDは誰でもかかることがあるごく普通の病気で、
治療も可能です。

ED治療

EDとは性行為の際、十分な勃起が得られない、または維持できない状態のことです。
日本は特に発症率が高く、成人男性の4人に1人、1,130万人の成人男性にEDの状態が見られるとの結果が出ています。

日本で認証されているED治療薬は主に以下の3種類です。
*バイアグラ(シルデナフィル)
*レビトラ(バルデナフィル)
*シアリス(タダラフィル)

勃起は、性的刺激・興奮を受けることでNO(一酸化窒素)が放出され、局部の細胞内にcGMP(サイクリックグアノシンーリン酸)という血管を拡張させる物質が増えることで起きます。
そして、放出されたcGMPをPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素が壊すことで海綿体の血管が収縮して勃起が治まります。
ED治療薬は勃起を持続させるのに必要なcGMPを壊すPDE5を阻害(抑制)する作用があるため勃起補助の効果があります。
日本で承認されている3種類のED治療薬は全て有効成分が異なりますので、効果発現時間、持続時間などにそれぞれ特徴が存在します。
また、バイアグラ・レビトラ・シアリスそれぞれにジェネリック医薬品が販売されており、全て日本で製造されています。
信頼できるジェネリック医薬品の登場により、以前に比べてED治療が安くそして安全に行えるようになりました。

シルデナフィルとは

バイアグラは世界で初めて認可されたED治療薬で根強い人気と抜群の知名度があります。
シルデナフィルはバイアグラの後発品(ジェネリック)で効果が強く、
バルデナフィルには劣るものの効果が出るまでの時間が30-60分と短く、
効き目の作用時間は約5時間となっており、使い勝手の良いお薬です。

飲みかた

性行為の1時間前に水で服用してください。
油分の多い食事などが胃の中にあると十分に吸収されないため、空腹時の服用を基本として、食後の場合は間隔を2時間以上あけてください。
誤った間隔で服用してしまうと、副作用が現れやすくなったり、成分を分解する肝臓にダメージが加わったりすることもあります。
大変危険なので「1日1回、24時間以上の間隔」を守るようにしましょう。

副作用

一時的なほてり、紅潮、頭痛、動悸、消化不良、腹痛、眼充血、鼻づまり
これらの副作用は、性行為の妨げにならない程度の軽度で一時的な症状なので、ご安心ください。
バイアグラは、用法・用量を守って服用すれば安全性の高い薬で、特に重篤な副作用は認められていません。
副作用の多くは、血管拡張作用に伴う一時的なもので多くの方に現れる症状なので、効果が効き始めた証拠だと思ってください。

禁忌・注意事項

【服用いただけない方】

*過去にバイアグラを服用してアレルギー反応(過敏症)を起こしたことがある方
*過去6ヵ月以内に脳梗塞・脳出血・心筋梗塞を起こしたことがある方
*心血管系障害(心臓疾患など)のため、性行為が不適当と考えられる方
*低血圧の方(最大血圧<90mmHg、最低血圧<50mmHg)、または治療による管理がされていない方
*高血圧の方(最大血圧>170mmHg、最低血圧>100mmHg)、または治療による管理がされていない方
*網膜色素変性症の方
*重度の肝機能障害の方
*アミオダロン塩酸塩を含む薬剤(難治性不整脈の治療に使用される抗不整脈薬)を投与中の方
*硝酸剤(狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患の治療に使用される血管拡張薬)を投与中の方
*sGC刺激剤(肺高血圧治療薬)を投与中の方

バルディナフィルとは

レビトラの名前で知られているバルデナフィルは水に溶けやすい性質を持っています。
有効成分の溶解が早く素早く吸収されますので勃起を促進する効果の発現も早くなります。
有効成分が素早く吸収されるという性質から、もっとも早く効く即効性があるED治療薬として知られており作用時間は8~10時間程です。
また、バルデナフィルは、シルデナフィルの1/5の配合量で充分な硬度・硬さを示すと考えられます。より硬くて持続力のある勃起を手に入れたい場合に適しています。

飲みかた

性行為の20~30分前に水で服用してください。
シルデナフィルよりも食事の影響を受けにくいように作られていますが、若干ではあるものの食事の影響を受ける薬です。
油分の多い食事などが胃の中にあると十分に吸収されないため、空腹時の服用を基本として、食後の場合は間隔を2時間以上あけてください。
誤った間隔で服用してしまうと、副作用が現れやすくなったり、成分を分解する肝臓にダメージが加わったりすることもあります。
大変危険なので「1日1回、24時間以上の間隔」を守るようにしましょう。

副作用

一時的なほてり、心悸亢進、頭痛、めまい、鼻づまり、消化不良、嘔気
これらの副作用は、性行為の妨げにならない程度の軽度で一時的な症状なので、ご安心ください。
副作用の多くは、血管拡張作用に伴う一時的なもので多くの方に現れる症状なので、効果が効き始めた証拠だと思ってください。

禁忌・注意事項

【服用いただけない方】

*過去にレビトラを服用してアレルギー(過敏症)を起こしたことがある方
*過去6ヵ月以内に脳梗塞、脳出血を起こしたことがある方
*過去3ヵ月以内に心筋梗塞を起こしたことがある方
*心血管系障害(心臓疾患など)のため、性行為が不適当と考えられる方
*不整脈の方、または治療による管理がされていない方
*低血圧の方(最大血圧<90mmHg、最低血圧<50mmHg)、または治療による管理がされていない方
*高血圧の方(最大血圧>170mmHg、最低血圧>100mmHg)、または治療による管理がされていない方
*網膜色素変性症の方
*重度の肝機能障害のある方
*不安定狭心症の方、硝酸剤(狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患の治療に使用される血管拡張薬)を投与中の方
*sGC刺激剤(肺高血圧治療薬)を投与中の方
*チトクロームP450 3A4阻害剤(抗HIV薬やイミダゾール系、トリアゾール系抗真菌薬)を投与中の方
*コビシスタットを含む薬剤(抗HIV薬)を投与中の方
*抗不整脈薬を投与中の方(先天性QT延長症候群の方)

タダラフィルとは

シアリスの名前で知られているタダラフィルの最大の特徴は作用時間がシルデナフィルやバルデナフィルより遥かに長い点です。 20mg投与後最大36時間まで有効性が認められており、金曜日の夜に服用すれば日曜日の昼間まで作用することから「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。
さらに、体内に吸収させてしまえば食事の影響を受けず、ED治療薬の中で最も食事の影響が少ないことがあげられます。

飲みかた

性行為の2~3時間前に水で服用してください。
他の2剤に比べはるかに食事の影響を受けにくい薬で、食事の影響はほぼないと言われています。
しかし胃の中に何も入っていない状態で服用した方が有効成分は素早く吸収されます。
より高い効果を得るためには、できるだけ空腹時に服用するようにしましょう。
誤った間隔で服用してしまうと、副作用が現れやすくなったり、成分を分解する肝臓にダメージが加わったりすることもあります。
大変危険なので「1日1回、24時間以上の間隔」を守るようにしましょう。

副作用

一時的な紅潮、消化不良、背筋痛、頭痛、鼻づまり
などの副作用が出現する可能性があります。
シルデナフィルやバルデナフィルに比べて頭痛や顔のほてりは少ないのですが消化不良等の胃腸系、背部痛や筋痛等の骨格系の副作用は他の2剤よりも多いです。
これらの副作用は、性行為の妨げにならない程度の軽度で一時的な症状なので、ご安心ください。
用法・用量を守って服用すれば安全性の高い薬ですが、ごく稀に重篤な副作用として発疹や蕁麻疹、顔面浮腫といった発生頻度が不明なアレルギー(過敏症)が出現することがあります。

禁忌・注意事項

【服用いただけない方】

*過去にシアリスを服用してアレルギー(過敏症)を起こしたことがある方
*過去6ヵ月以内に脳梗塞、脳出血を起こしたことがある方
*過去3ヵ月以内に心筋梗塞を起こしたことがある方
*心血管系障害(心臓疾患など)のため、性行為が不適当と考えられる方
*不整脈の方、または治療による管理がされていない方
*低血圧の方(最大血圧<90mmHg、最低血圧<50mmHg)、または治療による管理がされていない方
*高血圧の方(最大血圧>170mmHg、最低血圧>100mmHg)、または治療による管理がされていない方
*網膜色素変性症の方
*重度の肝機能障害のある方
*不安定狭心症の方、硝酸剤(狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患の治療に使用される血管拡張薬)を投与中の方
*sGC刺激剤(肺高血圧治療薬)を投与中の方

共通注意事項

グレープフルーツなどの柑橘類に含まれるフラノクマリンと呼ばれる成分は、肝臓で分解する際に必要なCYP3A4という酵素の働きを阻害する効果があります。
その結果、レビトラの成分の分解は進まず、いつまでも体内に残り続ける状態に。
思わぬ副作用を招きやすい状態となるのです。
フラノクマリンはグレープフルーツそのものだけではなく、グレープフルーツを利用したジュースやジャムにも含まれます。
バルデナフィルの使用を予定している方は、安全のためにもグレープフルーツが使用された飲食物を口にしないようにしましょう。
バルデナフィルの成分は主に肝臓で分解され、尿と共に排出されます。
グレープフルーツなどの柑橘類に含まれるフラノクマリンと呼ばれる成分は、肝臓で分解する際に必要なCYP3A4という酵素の働きを阻害する効果があります。
その結果、レビトラの成分の分解は進まず、いつまでも体内に残り続ける状態に。
思わぬ副作用を招きやすい状態となるのです。
フラノクマリンはグレープフルーツそのものだけではなく、グレープフルーツを利用したジュースやジャムにも含まれます。
バルデナフィルの使用を予定している方は、安全のためにもグレープフルーツが使用された飲食物を口にしないようにしましょう。

販売価格

先発・代表薬剤商品名販売価格(税込)
レビトラ錠20mgバルディナフィル錠20mg「トーワ」¥1,760(1錠)
バイアグラ錠50mgシルデナフィル錠50mg VI「トーワ」¥1,430(1錠)
シアリス錠20mgタダラフィルOD錠20mg CI「トーワ」¥1,650(1錠)

診察料金

診察料金(税込)
¥1,000
※お薬をご購入された場合は診察料金0円

FAQ よくある質問


Q.飲酒後に服用は可能ですか?

服用にあたって飲酒の制限はありませんが、飲酒によって効果が出にくくなることがございます。

Q.ED治療薬でもっと安いものがあると聞いたのですが?

個人輸入で入手されたものの中には成分を特定できないものや、含有量が異なったりすることもあり、これらを服用することは避けてください。

Q.ED治療薬を飲むとずっと勃起した状態になりますか?

ED治療薬は、刺激があるときは勃起して、刺激がなければ普通の状態ですのでご安心ください。

Q.肝機能障害はどの程度なら処方できますか?

肝機能障害の程度にも寄りますが重度でなければ処方可能です。
肝臓疾患自体への影響ありませんが肝硬変の方は服用いただけません。

オンライン診療の流れ

問い合わせ・申込み

お問い合わせやご利用されたい方は下記のリンクから公式LINEに登録ください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

TOP