MSD

和歌山・白浜はワーケーションをはじめとして健康経営・働き方改革や新しい生活様式の実験場として全国に発信されています。「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。 企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。白浜をはじめと

長時間労働などの悪習慣がなかなか改善されず、うつなどのメンタルヘルス不調の増加などの問題視されています。政府も働き改革と銘打って、様々な啓蒙活動や取り組みを行なっています。社員をはじめとするすべての従業員の健康は、個人のためだけではなく、企業にとっても重要な課題です。今までは従業員の健康管理は、個人が行うという風潮がありましたが、現代では企業が従業員の健康管理も行うことが

人生100年時代と言われる現代。長生きは勿論、68歳まで働かないと行けなくなると言われるなど、少子化である以上は労働者の健康を以下に維持、増進させるかがこれからの鍵になります。今、政府も推進して注目を浴びている健康経営。今回はその健康経営についての述べていきます。健康経営とは健康経営とは、従業員等の健康管理や健康増進の取り組みを「投資」と捉

近年、様々な場面で問題視されているメンタルヘルス。様々な原因の中で過労など、働く人のメンタルヘルスが悪化していると言われています。50人以上の企業ではメンタルヘルスチェックが義務付けられているように、働くこととメンタルヘルスは今後の日本の重要な課題と言えます。疲労度とメンタルヘルスは相関関係が分かっており、取り返しがつかなくなる前に気づくことが重要です。そこで、今の自分の

TOP