阿部 佑介

​合同会社採用会議医療介護系の大手人材紹介会社にて、約8年大阪・神戸・京都の責任者として従事。紹介側としては営業のマネジメント・管理を紹介される側としては自社の採用担当として常に人材紹介に携わる。現在は個人で独立系人材紹介会社を運営する一方で採用コンサルタントとして活動。紹介会社の本音と建て前を理解したうえで紹介会社との付き合い方をお伝えします。

橋本 幸枝

​日本ダグラスラボラトリー株式会社管理栄養士、サプリメントマイスター米国の医療現場で使用されるサプリメントの輸入卸の商社に所属し、医療の専門家に対する提案営業を行っています。この経験から、世の中にあふれているサプリメントの質に疑問を感じ、コスパの良いサプリメントの選び方、および、食生活の見直しとサプリメントの併用方法についての講座も実施しています。

森重 良太

​株式会社 南紀白浜エアポート大手電機メーカーで戦略スタッフとして戦略立案・事業再生・M&A等を経験した後、経営共創基盤(IGPI)で経営プロフェッショナルとして全国の空港民営化や地方創生プロジェクトに携わる。2018年10月より南紀白浜エアポートの誘客・地域活性化室長としてエアライン誘致・地域連携・旅行事業を統括。和歌山ワーケーション総合コンシェルジュとして観光・ビジネ

寺辻 和隆

​一般社団法人ライフサポート心理教育機構

井川 克俊

​株式会社ProblemSolvingユニフォームを通して企業の"問題解決[problem solving]"のお手伝いをさせて頂きお客様にお喜びいただくこと、それが弊社の企業理念です。ユニフォームを採用していただく全てのお客様の想いを形にしていきたいと思います。ユニフォーム=固定費(コスト)という考え方から、従業員満足や採用活動、販促活動に繋げていくことが大事だと考えて

安田 岳志

​株式会社CANVAS 代表取締役一般社団法人至世會 代表理事同志の共栄と、未来への叡智の伝承を目指して世界が急激に変化する中、時代や空間に左右されない 普遍的価値の重要性が増している現代。CANVASは、資本主義の原点である、公益・社会性を追求しながら三方良しの精神で発展する企業経営のあり方に立ち還り、未来を創造する同志との家族的な連携を目的として設立されました。私たち

中村 有吾

​なかむら産業医療コンサルティング事務所代表 / 産業医医学部を卒業し初期研修修了後、大学病院で勤務中に、自ら鬱病を経験。自身が過労で体調を崩したことから、健康的に働くことの大切さ・難しさを改めて実感した。日本人の健康の課題に向き合うべく、働く人のサポートをする産業医の道へ転向を決意。早期発見、早期解決により問題が起きる前に予防するため、提案型のアプローチを徹底し、健康診断結果の

藤井 壮太郎

​81合同会社 代表20代にウェブ制作会社やNPOを設立・運営。自社の業務効率化のためにG Suite(旧:Google Apps)を社内に導入。そのシンプルで効率的なツールに「はたらき方が変わる!」と感動。あらゆるクラウドツールを企業に導入する設計・コンサルティングからGoogle G Suiteを企業に導入する【Google エブァンジェリスト】として活動中。女性の社会進出団体、商工

佟 元臣

JinMei DentalClinic 院長2005年 大阪歯科大学卒業2006年 大阪歯科大学歯周治療科、大阪府下複数病院勤務を経て2011年 なんばデンタルクリニック院長着任2012年10月 JinMei DentalClinic 開業大阪歯科大学歯周治療科 非常勤日本歯周病学会会員日本口腔インプラント学会会員マイティス/アローインプラント公認インストラクター・認定医美容口腔

菅 和範

waquoise代表/元Jリーグ栃木SC高知大学時代は2007年度の全日本大学サッカー選手権大会ベスト8進出に貢献。2007年12月に行われたFC岐阜のセレクションに合格し、2008年にFC岐阜に加入。2012年から栃木SCに完全移籍。同年日本プロサッカー選手会副会長に就任。2020年12月、2020シーズン限りでの現役引退を発表した。2021年8月より、未来の子供達のア

高田 洋平

N.Y.を中心にフィジオセラピークリニックを展開。アメリカニューヨークを拠点に海外・国内においてフィジオセラピークリニック FuncPysioを展開。グローバルスタンダードな理学療法メソッドを軸に様々な運動療法を用いて日本の理学療法を牽引する。専門分野・専門職理学療法士プロフィールアメリカニューヨークを拠点に海外・国内においてフィジオセラピークリニ

青木 竜弥

東京・銀座を拠点に予防医療のクリニックを展開。クライアントと向き合うことの出来る予防医療をより多くの人のために。国際予防医療協会の代表理事、銀座予防クリニックの院長をはじめ多数の団体・協会に携わり予防医療分野の確立に取り組む。「健康リテラシーの向上」をテーマに医師・医療従事者・セラピストから全てのクライアントに向け啓蒙活動を行う。メッセージ医療費負担増、保健医療制

TOP