MSD

CBD・CBNオイル、グミ

大阪にあるクリニック「M&Mクリニック」と連携して、皆様の健康のためのオンライン診療を展開します。

ご利用されたい方は下記のリンクから公式LINEに登録ください。

ストレスが多い現代社会、今注目の新成分"CBN・CBD"
で本来の自分・ポジティブで上質なライフスタイルを

CBN・CBD
オイル、グミ

CBD(カンナビジオール)は麻に含まれる100種類以上あるカンナビノイド成分の一つで、近年の研究データから、私たちの健康にとても密接な関係がある天然成分であることが分かってきました。
カンナビノイドは植物だけでなく、ヒトのカラダにも内因性のものが存在し、外からカンナビノイドを補うことで、内側から身体環境を整える働きがあると世界中で注目を集めています。
日本ではまだ認知度が低いCBDですが、既に欧米諸国ではセルフメディケーションサプリメントとしての地位を確立しつつあります。

CBN・CBDとは

【 CBN 】

麻から取れる、割合が非常に少ないレアカンナビノイドとして知られています。
その量はTHCと比べても非常に少なく全体の 1 %未満です。
CBNはTHCが分解されてできたものなのでTHCの効力は弱く、依存性やハイになる事はありません。もちろん、日本では違法薬物として登録されておらず、安全かつ安心してCBNの様々な効果を感じていただけます。

現在のところ鎮静作用、抗痙攣作用、抗炎症作用、睡眠改善に効果があると考えられています。
またCBNは、他のアントラージュ効果(相乗効果)を引き起こすことで、身体への様々な効果をより高めると考えられています。
つまり、CBNが他のカンナビノイドと相互作用する事により、個々のカンナビノイドを摂取するよりも、より高い効果、つまり相乗効果が期待できるのです。

【 CBD 】

CBD(カンナビジオール)は成熟した大麻草の茎と種子から抽出したカンナビノイドです。
カンナビノイドには他にテトラヒドロカンナビノール(THC)と呼ばれる精神作用をもつものがあり、日本の大麻取締法で使用が禁止されています。
CBD とテトラヒドロカンナビノール(THC)は全く別物で、テトラヒドロカンナビノール (THC)はおもに麻の葉に含まれ、茎や種子には含まれていないため、麻の茎と種子の使用は禁止されていません。
いわゆる医療用大麻は CBD の他に THC が含まれているため日本の法律では使用することができません。
本製品は、当院オリジナルの高濃度のCBN・CBDオイル、グミになります。
世界中から厳選したカンナビノイドを配合し高水準の分析テストを徹底しています。
また経口接種するものなので、全て税関や厚生労働省への必要書類提出はもちろん、日本の厳しい安全基準をクリアしているため安心してご使用をしていただけます。

ECSとは

私たちの体内におけるCBDの働きには、「エンドカンナビノイドシステム(ECS)」が密接に関わっています。
人間だけでなく、すべての哺乳類には、エンドカンナビノイドシステム(ECS)という気分や睡眠、食欲、免疫、痛み、発達や老化、運動など多岐に渡る身体調節機能を司るシステムが備わっています。このECSが正常に機能するためには、生体内で生成される「エンドカンナビノイド」の存在が必要不可欠ですが、老化やストレス、外的要因などによってエンドカンナビノイドが不足し、ECSが十分に機能できなくなる(=エンドカンナビノイド欠乏症)と、様々な疾患につながる恐れがあると考えられています。
そこでCBDの出番です。CBDは「エンドカンナビノイドシステム(ECS)」に働きかけてくれるので、ECSによる不調に対する効果が期待ができるのです。

【 特徴】

日本で有名なカンナビノイドはCBDですが本製品には様々な種類のカンナビノイドが配合されておりCBDはもちろん本製品のメインでもあるCBN、CBG、CBDV などのレアカンナビノイドが配合されております。
カンナビノイド含有量が多いものほど効き目があると思っている人が大半ですが大切なのは、"アントラージュ効果(相乗効果)""バイオペイラビリティ(浸透力)"です。
それに加え、睡眠に効果があると言われている黄金比でこのオイルを製作しております。
また、厳しい気候を科学力で克服した農業先進国のトップであるイスラエル産の高級テルペンを配合し、高い相乗効果でCBNの力を引き出します。

【テルペンとは?】
テルペンとは主に植物や果物などの精油に含まれる「天然の香り成分」です。
カンナビノイドとテルペンを一緒にとると相乗効果があることが大麻先進国の研究結果では実証されており日本でも密かに注目されております。

【 期待できる主な効果 】

・依存症の緩和
・鎮痛・抗炎症作用
・高血圧の緩和

・痙攣の緩和
・食欲改善
・不眠症

・不安の緩和
・中毒の緩和
・緊張の緩和

含有量

〈オイル 10ml〉

・CBDアイソレート:373㎎
・CBDディスティレート:390㎎
・CBNアイソレート:224㎎
・CBGアイソレート:17㎎

〈オイル 30ml〉

・CBDアイソレート:1,117㎎
・CBDディスティレート:1,167㎎
・CBNアイソレート:667㎎
・CBGアイソレート:50㎎

〈グミ〉

 35mg

使用方法

寝る前、または1日に1~2回、舌下もしくはお飲み物に数滴混ぜてお召し上がりください。
舌下の場合15分~30分ほどで効果が現れ、効果の持続時間は目安として4~6時間程です。
お飲み物に混ぜた場合30分~1時間ほどで効果が現れ、持続時間は目安として6~8時間程です。

グミ服用方法

1粒を口に入れ舌下で溶けるまでなめてください。
そうすることで、舌の裏側に存在する太い血管から直接的に効率よく吸収されます。
15分~1時間で効果が現れ、効果の持続時間は目安として約6〜12時間程です。

副作用

下痢や口渇感、強い眠気、疲労感、食欲や体重の増加、吐き気など
*健康を損なうことはほとんどありません。

禁忌・注意事項

【オイル使用上の注意事項】
・良く振ってからご使用ください。
・開栓後は冷蔵庫に保存の上、早めにお早目にお召し上がりください。
・眠気が起こる場合がございますので、運転前や運転中のご使用は避けてください。
・疾病治療中の方、妊娠中、授乳中の方は医師にご相談の上ご使用ください。
・体質に合わない場合は使用を中止し、医師にご相談ください。

【グミ服用上の注意事項】
・眠気が起こる場合がございますので、運転前や運転中のご使用は避けてください。
・疾病治療中の方、妊娠中、授乳中の方は医師にご相談の上ご使用ください。
・体質に合わない場合は使用を中止し、医師にご相談ください。
・高温にて長時間放置されますと溶ける場合がございます。
・グミは弾力性がありますので、のどに詰まらせないようにしてください。
・本製品製造工場では、小麦、乳成分、卵、えび、かにを含む製品を製造しています。

【共通の注意事項】
一般的に疼痛や炎症は痛みや熱感などが軽減する感覚が分かるので効果を感じやすいですが、メンタル面では身体的な症状よりも効果を実感するまでに時間がかかると言われています。
そのため、効果をすぐに感じないと思っても急にCBD摂取量を増量をすることはせず、1〜2週間ほど少量のCBDの摂取を継続し、それでも効果を感じない場合に増量をするようにしましょう。

【併用注意薬】
以下のお薬は併用することで相互作用を起こす可能性があると報告されていますのでご注意ください。


・抗生物質
・抗てんかん剤
・抗うつ剤
・ステロイド
・抗ヒスタミン薬
・免疫抑制剤
・抗不整脈薬

販売価格一覧

商品名販売価格(税込)
CBD・CBNオイルソムナス(10ml)¥5,400
CBD・CBNオイルソムナス(30ml)¥11,880
CBN・CBDグミソムナス(1箱10粒)¥3,980

診察料金

診察料金(税込)
¥1,000
※お薬をご購入された場合は診察料金0円

FAQ よくある質問


Q.使用を続けると耐性がつきませんか?

WHO(世界保健機関)はCBDは依存性がなく、身体に耐性がつくこともない。
潜在的な身体的依存の影響など、カンナビジオール離脱症状や耐性は報告されていない。としています。
しかし時間と共にCBD効果が薄れているように感じることがあるでしょう。
あまり多く見られる例ではありませんが、「疑似耐性」つまり耐性ができたと頭で感じることで身体がそれに反応してしまういわゆるプラシーボ効果のような現象が起こっている可能性が考えられます。このような場合使用を一旦中止し一定期間身体を休ませることで改善するでしょう。

Q.グミは味がしますか?

黄色の五円玉サイズのグミでレモン風味になっています。

オンライン診療の流れ

問い合わせ・申込み

お問い合わせやご利用されたい方は下記のリンクから公式LINEに登録ください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

TOP